グループホーム 和が家

北海道旭川市春光台5条3丁目7-24
Tel (0166) 52-0755
和が家Topページ パートナーステーション

グループホーム和が家へ 認知症対応型通所介護(共用型) 小規模多機能型居宅介護へ ファミリーハウス(有料老人ホーム)へ 小規模多機能型居宅介護サテライト 地域交流テラス

認知症とは

認知症は身近にあること

厚生労働省の調査では、認知症の出現率は年齢とともに上昇しており、 85才以上の年齢層にいたっては、男性22.2%、女性29.8%となります。 つまり、4人にひとりが認知症の症状を示していることになります。
厚生労働省がまとめた「平成16年簡易生命表」によると、 男性は78.64才、女性は85.59才ですので、85才まで長生きする方は 少なくありません。特に女性は平均寿命と近似しているため、極めて身近な問題と なりうることが分かります。

高齢化社会に突入している日本では、認知症の人口が増加に伴い クローズアップされるようになりました。
現在の認知症の人は、160万人を上回っています。
2020年には292万人、2035年には350万人に 達すると見込まれています。

認知症は『身近にあること』なのです。
私たちはそのことを認識していく必要があるのです。
認知症

認知症とは

一度習得した知的機能(記憶、認識、判断、推理、学習、見当など) の低下により、自己や周囲の状況把握・判断が不正確になり、 自立した生活に支障が生じる状態を言います。
もの忘れがひどくなったり、適切な判断力、推理力などの知的機能の低下が原因となり、 周囲に支障を引き起こす言動や行動が顕著になり、見守りや援助が必要になった状態と 言い換えることができます。これらを総称して「生活障害」と言われます。

認知症

だたのモノ忘れ 認知症高齢者の物忘れ
物忘れの仕方 経験した出来事の一部を忘れる(度忘れ) 自分が経験した出来事すべてを忘れる(記銘障害)
病識(物忘れ) 自覚あり 自覚なし
日常生活 支障はあまりない 支障著しく、支援を要する
経過 進行しない 進行する
見当識障害 少ない あり

医学的な側面

認知症を医学的な視点で見るならば、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、 働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こっている状態を言います。
私たちの行動をコントロールしているのは、『脳』であるため、 それらの細胞が壊れると、精神活動から身体活動に至るまで、スムーズなコントロールが不能になります。

認知症の原因疾患別では、アルツハイマー型が、45〜50%、脳血管性が30%、 両者の混合型が10〜20%とされており、この3つ以外は比較的稀です。 ちなみに、世界ではアルツハイマー型患者は1500万人以上にも達しています。
認知症

認知症を引き起こす病気

原因は様々…


「変性疾患」〜 脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく病気です。
 アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病

「脳血管性」〜 脳に栄養や酸素が行き渡らないために
 神経細胞が死んでいく病気です。脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化
認知症

認知症の症状

脳の細胞が壊れることで直接起こる症状が記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下 など中核症状と呼ばれるものです。この中核症状のため周囲で起こっている現実を正確に認識できなくなるのです。

本人がもともと持っている性格、環境、人間関係などさまざまな要因が絡み合い、 うつ状態や妄想のような精神症状や日常生活の適応が不自由になってきます。これらを周辺症状と呼びます。
認知症

中核症状と周辺症状概略図



認知症

私たちが知らなければならないこと

記憶になければ、その人にとって事実ではないこと


物忘れがひどくなって同じことを繰り返したり、家族の顔や自分の家が分からなくなる…
そんなことが、身内で起ったとき、誰であっても、
「そのことをどう理解したらよいのか。」
「どう対応したらよいのか。」
混乱し動揺することは必至です。
そんな時のために、心得ておきたいポイントを理解し、備えてまいりましょう。
認知症

1.ひどい物忘れ(記銘力低下)

見たこと、聞いたこと、体験したことを直ぐに思いだせる力


認知症が始まると、先ずこの記銘力の低下が顕著に見られます。 つまり、ひどい物忘れが起り始めるのです。 同じことを何十回、ときには何百回と繰り返します。
しかし、物忘れのために同じ事を繰り返すのは、認知症の人ばかりではありません。
外出時に、カギをかけた次の瞬間に、本当にカギがかかっているかを確認します。
気になることを確認するため、繰り返す行為は人間の本性なのです。
認知症の人だけが異常であると考えないことが大切です。
認知症

2.全体記憶の障害

出来事全部をスッポリと忘れてしまう


私たちの記憶はとてもはかなく、重要でない事柄のほとんどは記憶にとどめることができません。 認知症が始まると、自身が体験した全体の出来事をスッポリと忘れるようになります。 このとき、私たちは否定や嫌悪感をもって対処するのではなく、
当事者を認めたうえで行動を促していくことが肝要になります。
認知症

3.記憶の逆行性喪失

その人の現在は、最後に残った記憶


蓄積されたこれまでの記憶が、現在から過去にさかのぼって失われていく現象をいいます。 つまり、その人にとって最後に記憶が残っているところが、現在の時点になっています。 仮に、30才の記憶が最後に残っていた場合は、当事者の30才に戻った行動が見られるのです。 また、幻覚・妄想と呼ばれる症状も、認知症の人の体験や思考の、断片的な世界と捕えると、 決して異常な世界ではなくなります。性的異常行動もこのことを理解しておくと、異常とは思えなくなります。
認知症の人の気持ちや置かれている世界を理解することは、とても大切なことです。
認知症

認知症の症状について

記憶障害とならんで、表面化する症状


時間や季節感の感覚が薄れる
◆予定にあわせて行動することができなくなる
◆季節感のない服を着たり、自分の年がわからないなどのことが起る

迷子になったり、遠くへ行こうとする
◆近所で迷子になる
◆夜に自宅のトイレの場所が分からなくなる
◆歩いて行くことが困難な場所へ歩いて出掛けようとする

人間関係における見当識
◆現在の年月、時刻、自分がどこにいるのかなどの基本的な状況を把握することができなくなる
認知症

物事を考えることにも支障をきたす


考えるスピードが遅くなる
【ポイント】
 裏をかえすなら、時間さえかければ自分なりの結論に
 至ることができます。急がせないことが大切です。

2つ以上のことが重なるとうまく処理できなくなる
【ポイント】
 1度に処理できる情報の量が減っています。念を押して、
 情報を過剰に与えると逆効果となり、
 ますます混乱を招きます。
 シンプルな表現で、1つのことを伝えていくことが重要です。

変化に混乱を来しやすくなる
予想外のことをきっかけに認知症が発覚することがあります。

【ポイント】
 補い守ってくれる人の存在が大切です。
 観念的事柄と、具体的な行動が結びつかなくなる。
 例えば台風がくるから外に出てはいけないという意識と、
 散歩に出掛けることの具体的な事柄とが結びつかなくなります。
認知症

感情の表現に変化


その場の状況、言葉の流れを読みきれない周囲の人が予測しない、思いがけない感情の反応を示すことがあります。
認知症

実行機能障害


抽象概念と具体的行動が結びつかなくなり、実行機能に障害をもたらす ボタン操作で動かす家電機器など、機械がもたらす結論と、 ボタン操作が結びつかなくなることによって 起こる実行機能(遂行機能)の障害
認知症

元気がなくなり、引っ込み思案になることもある


抽象概念と具体的行動が結びつかなくなり、実行機能に障害をもたらす 自信を失い、すべてが面倒になる将来の望みを失って、うつ状態になる場合もある
認知症


認知症の家族が通る、4つの心理状態

当事者はもとより、身内に認知症の人を抱える家族には これから乗り越えなくてはならな心理状態があります。


心理状態 詳細
とまどい・否定 認知症の人の異常と思える言動に戸惑い、否定しようとします。 悩みを他の肉親にすら打ち明けられないで一人で悩むのもこの時期です。
混乱・怒り・拒絶 認知症への理解が十分でないことが原因で、家族が混乱して、 小さなことにも感情をあらわにする兆候が見られます。 精神的、肉体的に疲労し、認知症の人を拒絶します。 家族にとって一番ツライ時期です。 こんなときは、医療・福祉サービスを積極的に利用して乗り切ることが望まれます。
割り切る・諦める 家族が自分の感情をコントロールし始めます。怒ること、悩むことの無駄を感じはじめ、 割り切るようになります。諦めの境地と言えます。家族が割り切ることで、 同じ認知症の症状でも、問題性は軽くなります。
受入れる 認知症に対する理解が深まって、認知症の人の心理を自分自身で消化できるようになります。 あるがままのその人を家族の一員として受入れることができるようになります。

手を取り合って生きるヒント

末永く、無理のない介護のためのヒント


鉄則 詳細
良く知ること 認知症を先ずは良く知ること
割り切ること 大切なのは負担を軽くして、長続きできることの心がけ
過去は過去。今現在あるものを認めよう。 「元通りにさせよう。教え込もう。もっと説明しよう。」 もとに戻そうとする努力は、マイナスの結果をもたらす場合がほとんどです。 過去にこだわるとき、介護はもっとも困難な状態であり、認知症の症状が進行するときと なってしまいます。
開くこと。囲い込んで抱え込まないこと。 明日は我が身。お互い様です。地域の方がたへ悩みを打ち明けて、 理解を促していきましょう。24時間緊張して監視を続けていてはいけません。
仲間と交わる 何でも話せる、気の合う仲間でも、同じ悩みを持つ方でも関係を作っていくことが重要です。 つながりを大切にして、気軽に頼み合えるようになれると、家族の心は軽くなっていきます。
一息 デイサービス、ショートステイ、訪問介護などの利用、隣人への依頼など積極的に行なって 息抜きをしましょう。24時間介護を続けてきた家族に対して、周囲はもっと理解を深められることが望まれます。
猫の手は多く借りる 長続きが大切です。遠慮、気兼ねは無用です。利用できるものは積極的に最大限活用していきましょう。
ペースは認知症の人に合わせる 介護の中で、日常生活動作が著しく遅いことに、家族は感情的になりやすい状況に置かれます。 催促、注意、禁止など、認知症の人を否定する言動を発しやすい局面が何時でも起こっています。 これは、日常生活の基準が介護者にあるため生じている問題です。認知症の人のペースに合わせることで 認知症に伴う混乱を避け、介護にかかる精神的、肉体的、物理的、時間的な負担を軽減されることに つなげていくことが肝要です。
相手の立場 寛容。相手のことをすべて知ることはできません。 だからこそ、自分の考え方の枠を押し付けないで、相対的な考え方、 つまり寛容さが大切になります。
家族自身の健康管理、心の管理 家族の健康管理はもとより、こころの管理は重要です。 認知症の人へ、献身的に仕えていくことは決して簡単なことではありません。 どんなに一方的に与えても、まったく反応が戻ってこないことは、当たり前にあります。 こころが渇かないように。健康管理と合わせてチェックしていきたいところです。

見学者、入居者随時受付中です

和が家へのご連絡・ご相談は、お電話でお問い合わせください。

電話番号 (0166)52−0755



Topグループホーム和が家 > 認知症とは