グループホーム 和が家

北海道旭川市春光台5条3丁目7-24
Tel (0166) 52-0755
和が家Topページ パートナーステーション
求人情報

グループホーム和が家へ 認知症対応型通所介護(共用型) 小規模多機能型居宅介護へ ファミリーハウス(有料老人ホーム)へ 小規模多機能型居宅介護サテライト 地域交流テラス

旭川の認知症グループホーム 和が家(わがや)へようこそ

平成30年の標語 グループホーム 和が家  管理者 岡村俊宏

「 自己覚知。根拠を持つ。」

自分自身のことを知り、相手を受け入れる土壌を作る。 何故それをするのか、それをしてはいけないのかを説明できるように行動には根拠を持つ。

平成30年の標語 グループホーム 和が家  リーダー 荻野睦子

「手をつなごう!耳を傾けよう!」

手をつなごう
・両ユニットで情報共有し連絡を密にとり合いながら協力し合う
・御家族様と同じ気持ちで入居者様とむかい合う
・入居者様のすぐそばには私達スタッフがいつでも居ますよという安心感を持って生活して頂く耳を傾けよう
・入居者様一人一人が今何を求め、何を訴えようとされているのか、言葉にならない心の声を聞く姿勢を忘れない
・スタッフの仕事に対する要望やつまづきに耳を傾けより働き易い職場意欲的に意見を出し合える環境を整えられるよう務める

平成30年の標語 グループホーム 和が家  副リーダー 西村克人

「自問自答」

手をつなごう
自分自身の中にある「弱さ」や「怖れ」と向き合い、問いかけ困難な事に挑戦していく一年にしていきます。

「感性」

目に見えるものだけではなく物事の本質にたどりつける感性を磨きあげる一年にしていきます。

平成30年の標語 グループホーム 和が家  副リーダー 藤本一美

温故知新・・・古きを温め新しきを知る。

経験の無い、新しい事を進めるにも過去を充分学ぶ事から知恵を得ようということ。

実際の所、この一年位の間、入居者様一人一人と向き合う時間をなかなか持てていなかったと思います。 職員も増え、今までより時間が取れる事もありそうなので、今までやってきた事を振り返りながら、 今の入居者様との関わり方を見直して行きたいと思います。

ゆっくり、ゆったり 『和が家』の暮らし

春光台の高台にある、大きな三角屋根のグループホームです。
「住み慣れた旭川の街で、安心してゆったりとした生活」
認知症対応型グループホーム和が家のある春光台は、
旭川でも多くの自然に恵まれた地域です。
夏には青々とした新緑の香りを楽しみ、冬には綿帽子をかぶった雪山を眺める
四季折々の豊かな恵みの中で、ひとり一人の暮らしが営まれています。
なじみの地域で、のんびりと過ごす
我が家の居心地で穏やかな毎日をおくりましょう。

グループホーム 和が家

グループホーム 和が家
このお年寄りから教えられました。


Top > グループホーム和が家